子育てアイデア

なんでもない時にも魔法の言葉を使ってみる

投稿日:

こんにちは、こまちです。

前回の記事「怒りすぎて後悔した時におススメの魔法の言葉」で、

感情的に怒ってしまっても、

イライラして怒りすぎてしまっても、

魔法の言葉『大好きだよ!』って伝えることで、

ママも子供も笑顔になれる!ってお伝えしましたが、

「大好きだよ!」は本当に魔法の言葉で、

怒りすぎて後悔して固くなったママの心をやわらかく溶きほぐしてくれるし、

怒られてシュンってなって、元気のない子供にも自信を取り戻してくれます。

 

そしてこの魔法の言葉は、

怒ったときだけじゃなくて、

普段の何気ない時にも、使うとさらにハッピーな効果をもたらしてくれるのです!

 

◆何でもない時にも魔法の言葉を言ってみる◆

我が家は対面キッチンなので、

食器を洗いながら、リビングで子供たちが遊んでいる姿がよく見えます。

いつもはくっついてはケンカの繰り返しの子供たちだけど、

ご飯を食べた後は、子供たちはお腹が満たされているからか、

比較的穏やかに遊んでくれていたりします。

 

そんな一日の内で数少ない平和なひと時、

いつもは食器洗いながら、ぼーっと見てたり、考え事してたりするのですが、

ふと思い立って、子供の名前を呼んで、

「なに~?」と子供が振り返ったところで、

唐突に言ってみる。

「大好きだよ!」

えっ!って一瞬びっくりした顔をしてから、

ニヤ~っと照れて、何だかモジモジ、

そしてもう一回、

「だ~い好きだよ!」

 

そしたら、嬉しそうにニコ~って笑いながら、

私のところに寄ってきて、

「だいすき!」

って言ってくれた(*^^)

 

そして、

「もっかい言って!」って子供からのリクエスト!

もう何回でも言ってあげるよ~!

 

いつもの何気ない時間が、

一気にふわふわとしたメレンゲのような優しくてあま~い時間に早変わり!

心が満たされて、優しい気持ちになれる。

こんな子育てしたかったんだ~と実感。

 

それからの時間、

何だかお互い優しい気持ちでいられて、

子供たちも一瞬即発!なくっついてはケンカモードじゃなくて、

すこし穏やかに貸し借りしたりしながら遊んでる。

 

まぁ時間がたてば、いつものケンカモードに戻ってしまうけど、

少しでもこういう時間が持てたことって、

すごく大切だなぁって思えた。

 

そして嬉しいことに、

何度か私から「大好きだよ!」って言ってると、

子供たちからも「だいすきって言って!」ってリクエスト!

 

もうこんな歯が浮くようなセリフ、

子供とだから言い合える、

「大好き!」のキャッチボールでお互いハッピーになれる。

 

「大好きだよ!」の魔法の言葉、

怒りすぎた時にも、何もない時にも、

ちゃんと伝えていきたいですね!

 

 







-子育てアイデア

Copyright© One more Smile☆ , 2018 All Rights Reserved.