子育てアイデア

怒りすぎて後悔した時におススメの魔法の言葉

投稿日:

また、やってしまった・・・

カーーーーーッと頭に血がのぼって・・・

今思えば、そこまで怒らなくても良かったなって思う、

ううん、怒りながらも、そんなに怒ることじゃないのにってわかってた。

こんな子育てがしたかったんじゃない、

怒ることも必要だけど、

感情に任せて、怒りを爆発させてばっかりだ・・・

本当はもっと笑っていたいのに・・・

 

子供が赤ちゃんのうちは、

「メッメよ~」なんて優しくしていられたけれど、

いつの頃からだろう、

子供の名前が優しく呼びかけるものではなく、怒るためのものになってしまったのは。

 

年齢が上がるにつれて、

怒っていない日はないんじゃないか、という気がする。

怒るのではなく、叱る。

感情的になってはいけない。

冷静に怒鳴らず、教え諭すように話しかける。

 

感情的になって怒鳴るのは、逆効果だとわかっているのだけど、

カーーーーーッと頭に血が上ってしまう。

 

 

感情的にならないように、

イラッとしても、

それはいけないんだよ、と、

そんな風にしてほしくはないんだよ、と、

優しく教え諭すように、自分を抑えて話そうとしても、

結局、我慢した分さらに大爆発してしまう。

 

そして、後悔。

 

◆「ごめんね」よりも子供が言ってほしいこと◆

怒りすぎてしまって、冷静になってから、

「さっきは言いすぎてごめんね」

って謝るんだけど、きっとそんなことじゃないんだよね。

 

でも大人はそんな簡単に気持ちの切り替えなんて出来なくて、

いつまでも怖い顔してちゃうんだけど、

 

また感情的に怒っちゃったーー!って時に、

もうこんなの違うって、こうじゃないって思って、

きっと子供は「ごめんね」なんて求めてないんだ、

大人モードから子供モードに切り替えて言ってみた。

 

『大好きだよ!』

 

って!

そしたら一瞬びっくりした顔したけど、すぐに笑顔になって、

離れてたのに、すぐに近くに来てくれた。

『ギューーーーーーー♡』だよね。

 

そうそうこれでいいんだって、

大好きギュー――――♡で全部元通り。

すっごく怒っちゃったけど、

嫌いになったんじゃないよ、って。

怒ってしまって、まずやらないといけないのは、

傷つけてしまった子供の心の修復。

「嫌いになってないよ」って安心させてあげること。

 

『大好き!』って魔法の言葉。

怒った顔じゃ言えない、

『大好き!』の一言で全部伝わる。

 

それからでいいんだ、

「さっきはごめんね」って。

子供もわかってる、何をしたらいけなくて、どうして怒られたのかって。

 

なかなかいつも言えなかったりするけれど、

時間かかったりすることもあるけれど、

『大好き!』

で間違いなく、笑顔になれる。

 

子供は「その前にちゃんと謝れ!」なんて言ったりしないしね。

ちょっと唐突な感じでも大丈夫。

感情的に怒ってしまったら、

怒りすぎて後悔した時は、

 

『大好き!』

 

言ってみてください。

怒って笑って、

one more smile!

 







-子育てアイデア

Copyright© One more Smile☆ , 2018 All Rights Reserved.