子育てグッズ

室内ジャングルジムのおすすめは?ブランコは必要?買ってよかったのはコレ!

更新日:

買ってよかったな~という子供のおもちゃはいろいろありますが、本当に助けられた!というのが「室内ジャングルジム」でした。

我が家に「室内ジャングルジム」がやって来たのは、2人目を妊娠してからでした。

なぜ2人目の妊娠後なの?

1人目の時はどうしたの?

室内ジャングルジムの選び方は?

気になるポイントをお伝えします。

 

室内ジャングルジム

ジャングルジム

大きさはいろいろありますが、ジャングルジムにすべり台、ブランコ、鉄棒が付いたタイプが人気ですね。我が家もこのタイプでした。

1人目の時は必要なかったの?

我が家が購入したのは、2人目の妊娠がきっかけでした。

1人目の時は、公園に児童センターにと毎日出かけていたので、それほど必要性を感じなかったのです。

晩婚だったとはいえ、まだまだ私も体力があったし、1人目の時って何事も初めてだから全力投球しますよね。毎日、外遊びに連れて行くのは大して苦ではなかったのです。

 

2人目妊娠がわかって

私はツワリがかなり重いんです。

しかも期間も長い…

1人目の時もそうだったけど、「あれ、ちょっと生理が遅れてるかな~」くらいの時には、すでに軽い車酔いくらいの気持ち悪さは始まっているのです。

そして一般的には安定期に入ったら、スッキリすると言うけれど、生まれるまでスッキリしないのです。

しかも1人目のムスコは超元気!

2歳6か月の時に2人目を妊娠したのだけれど、まだわかって分からない年頃。赤ちゃんがお腹にいるって言ったって、お外に行きたいのは別問題!

生まれるまでの10か月間も、最低でもツワリのピークの時だけでも、何とかお家で遊んでもらえないかと、考えてかったのが「室内ジャングルジム」でした。

 

選ぶポイント(元気な男の子編)

ムスコは真夏でも真冬でもお外遊びが大好き!

そんな元気っこが満足する「室内ジャングルジム」の選ぶぽいんとです。

 

3段のジャングルジム

室内用とはいえ、子供が飽きずに長く使うなら、ジャングルジムの高さは「3段」が断然おススメです!

室内用ジャングルジムは、コンパクトな物なら「2段」もありますが、ジャングルジムとして「登る」ということを考えると、やはり「3段」あると動きが違います。

腕と足をしっかり使って、登ったり降りたり、またタコのようにくぐり抜けたりと、身体全体を使って遊べるのが「3段」のいいところ。

また「3段」あると1~2歳のジャングルジムデビュー期には、補助してあげながら練習するのにちょうどいい高さですし、3歳~大きくなっても物足りなくなることなく遊べます。

我が家では、遊びに来た小学生のいとこたちも喜んで遊んでいましたよ♪

 

高さ調節できるすべり台

兄弟・姉妹で遊ぶなら、ジャングルジムだけだとケンカになりがりだけど、こういうすべり台があると、遊びに変化が付いていいですね!

しかも取り付ける場所によって、角度が「ゆるやか角度」と「すいすい角度」の2種類に出来るから、年齢に応じて変えられていいですよ!

長さは110cmとロングサイズなので、子供たちも滑っていて満足の長さだし、「ゆるやか角度」にした時には、赤ちゃんでも安心な角度になって安全ですね。

 

ボックスタイプ&ベルト付きで安全のブランコ

公園のブランコって意外と危ないんですよね。自分でチェーンをしっかり握ってこげないとグラグラしてバランスが取りにくし、座る部分が短いから滑り落ちやすい。

で滑り落ちたところにブランコが後ろから後頭部を直撃!

ブランコデビューしたての「THEぶらんこあるある」ですよね(-_-;)

ボックスタイプのイスにベルトも付いていて、安定感は抜群!

しかも揺らしてあげるのも公園だと中腰の姿勢が結構ツラいけど、ママも横に座って揺らしてあげられるから楽チンですよ!

「ブランコは必要ない」という声も聞きますが、固定ではなく取り外し出来るタイプがほとんどなので、我が家は「ブランコは必要!」だと思います。

実際、1人目のムスコだけでなく、2~3人目のムスメたちもブランコでよく遊んでました。

 

 

意外と活躍した鉄棒!

我が家はジャングルジムをメインに考えて買ったので、最初は「鉄棒」も重視しておらず、使うのかな?まぁ付いてるからいいか位な印象だったのですが、後から活躍したのが「鉄棒」でした!

すべり台やジャングルジム、ブランコは教えなくても子供たちが感覚的に遊び方を身に付けていくもので、落ちたりしないように補助するくらいですね。

でも、「鉄棒」っていうのは前回りなり逆上がりなり、最初は誰かが補助して指導してあげないと基本的には出来ないものなんですよね。

お友達がしているのを見て、いつの間にか出来た!

なんて運動神経抜群のお子様もいらっしゃるとは思いますが、ごくごく一般的な運動神経の子供だと、たいていはママかパパが教えます。

そういう時に公園の鉄棒って、幼稚園児が使うには微妙に高いんです。

しかも雨が降ったら水たまりになるし、ママが補助するにも横で中腰になっていないといけないから過酷…

その点、室内ジャングルジムだと高さがちょうどいいので、無理なく始められるし、横で膝立ちして補助してあげるのがちょうどいいんです。

でも公園なら膝立ちなんて出来ないですよね。

いきなり前回りや逆上がりではなくても、ぶら下がりやツバメと言った「慣らし」も室内で出来るので意外と遊べましたよ!

 

おススメの室内ジャングルジムはこれ!

そんなことを踏まえて、イチオシの室内ジャングルジムはこちらです!

我が家が購入したタイプの後継バージョンです。

すべり台が長くなったり、カラーがお部屋になじみやすいカラーになったり、変更箇所はありますが、基本的には同じ仕様です。

キャラクターの物もいろいろ出ていますが、飽きがこず長く遊べるのでノンキャラクターがおススメです。

子供が、というより、大人が飽きるんですよね。キャラものって。

しかも兄弟姉妹で一緒に遊ぶことを考えたら、トーマスやキティちゃんなんてすると異性の弟妹が生まれた時に困ります。

アンパンマンならまだ男女どちらでもいいけど、意外と長く遊ぶので、幼稚園の年中~年長さんになってアンパンマンで遊ぶっていうのも、何かね。
ちなみに折りたたみ出来るのですが、レビューでも書かれてる方多いですが、ほとんど折りたたむことはありません。

出したら出しっぱなし。

「折りたためる」とはいえ、そんなにパパッと折りたためるわけではないので。でも来客時とか、誰かが泊まりに来るとか、そういう時には折りたためるのは便利ではないかなと思います。

 

さいごに

我が家の「室内ジャングルジム」選びのポイントでした。

元気いっぱいのムスコ基準で選んだジャングルジムでしたが、2人目のムスメも楽しく遊んでいたので、男女ともに楽しめるジャングルジムだと思います。

ブランコがないもっとコンパクトなタイプもありますが、置く場所に問題がないなら、断然3段ジャングルジム&ブランコ&すべり台が付いているタイプがおススメです!

 

 







-子育てグッズ

Copyright© One more Smile☆ , 2018 All Rights Reserved.