●家族のおでかけ

関東で雪遊び!相模湖プレジャーフォレストならノーマルタイヤで気軽に行けるよ♪

更新日:

相模湖プレジャーフォレストのスノーマン

子供が成長してきたら、冬は雪遊びさせてあげたいなって思います。

関東からなら長野も新潟も近いし、群馬でもスキー場はあるのだけれど…

我が家の車はノーマルタイヤ!

スタッドレスは持ってないんです(涙)

 

かと言って、新幹線や特急で行くと交通費もバカにならないし。

それで近場で雪遊び出来るところはないかな~と探して見つけたのが、「相模湖プレジャーフォレスト」にある「スノーパラダイス」でした!

冬休みに行って来たのでレポします♪

 

相模湖プレジャーフォレストとは?

神奈川県相模原市にある遊園地で、名前にあるように相模湖のすぐ近くにあります。

最寄りのインターは中央道の相模湖東(下り車線のみ)で、何度も中央道を通ってますが、こんなところに遊園地があるなんて全然気づきませんでした。

広大な敷地の中には、遊園地だけでなく、キャンプ場温泉施設も併設されており、日帰りでも泊りでも楽しめます。

アクセス

アクセスマップ

東京、御殿場、甲府南などからは約50分とアクセスは抜群!

我が家もさいたま市から1時間30分ほどで到着しましたが、子連れでもストレスないくらいの距離ですね。いつもは「まだ着かないの~?」「まだ~?まだ~?」とうるさい子供たちが騒ぎ出す前に到着することが出来ました。

プレジャーフォレスト周辺の道路は、年間を通じてほぼ凍結しないのでスタッドレスタイヤは基本的には必要ありませんと、公式HPにも記載があります。

冬休みに入ってすぐの12月22日に行きましたが、天気は良くノーマルタイヤで全く問題なしでした!

 

スノーパラダイス

スノーパラダイス

こちらが今回の我が家のお目当て「スノーパラダイス」です!

関東最大級!そしてどこよりも早く11月中旬からオープンしている、雪遊び場です。

相模湖プレジャーフォレストは山の斜面に作られているので、その斜面を利用した「ソリゲレンデ」も全長50メートルとダイナミック!

そして小さいお子さんでも楽しめる「ちびっこソリゲレンデ」と「ちびっこ雪遊び山」もあり、お兄ちゃんお姉ちゃんだけでなく、家族みんなで楽しめる雪遊び場になっていますよ!

 

到着!

園内マップ

正面ゲートを通過したら左手、第一駐車場が入園口に一番近いです。スノーパラダイスの横に第3駐車場がありますが、基本的には入園口を通らないといけないので、第1駐車場へ。

駐車場に付いたら、子供たちは車でスキーウェアに着替えてレッツゴー!

(駐車場にトイレがあるので、着替える前に子供たちはトイレへ。スキーウェアは脱ぎ着しにくいので先に済ませておくことをおススメします。)

 

駐車場から階段上って、入場して、遊園地内を歩いて歩いて~やっと到着!(結構歩くので車に忘れ物!なんてしたら悲惨です←うちの旦那さん)

雪の斜面

入口からは見下ろす感じで、良い眺め!

 

利用料金

スノーパラダイス利用料は大人も子供(3歳~)も500円

(フリーパスがあれば無料、キャンプ場宿泊者は450円)

※プレジャーフォレスト入園料とは別に必要です。

これは入場するだけでかかる料金なので、例えばママは滑らないけど付き添いで、と言う場合でも必要です。

もし「上から見てるだけでいい」と言うのであれば、入場口横にベンチがある広場があって、ここからは入場料払わずに眺めることは出来ます。

スノーパラダイスの看板

ただ、ベンチのすぐ下の「ソリゲレンデ」なら、お子さんの様子も見られるけれど、「ちびっこソリゲレンデ」の方は、距離があるので見えないかもしれません。

パパママというより、一緒に遊びに来たおじいちゃんおばあちゃんが座っているのを見かけました。

 

レンタルグッズ

ソリとチュープスライダーはレンタルできます。

・ソリ(2人乗り) 1日500円

・チューブスライダー 30分600円

どちらも入口にある券売機でチケットを買って、係の人に渡してレンタルします。

チューブスライダーは1回30分と時間が決まっているけれど、ソリのレンタルは時間制限なく借りられるので、借りる予定なら最初に借りておきましょう。

ちなみにソリは持ち込みもオッケーです。我が家も小さいソリを持参で行きました。

 

ちびっこソリゲレンデ

我が家は6歳と3歳と1歳なので、ひとまずちびっこソリゲレンデへ。

ちびっこソリゲレンデ

ひゃっほーい!と滑る子供たち。

距離は短いながらも、6歳と3歳のソリデビューにはちょうどいい感じ。

しかも冬休み入ったばかりの平日だったから、下のベンチもガラ空き。ここに荷物を置いて、座って子供たちを見ることが出来て快適!

 

しかし、このちびっこソリゲレンデは、

  • 小学生までのお子様専用
  • 1人乗りのみ利用可
  • 2人乗り&大人は利用できません

となっていて、大人は滑ることが出来ません。

ちびっこソリゲレンデ

「パパ一緒にすべって~!」と言う子供たちの声に応えてあげることが出来ません。そのうち子供たちだけだと飽きて来て、雪遊び山へ。

 

ちびっこ雪遊び山

ちびっこ雪遊び山

長男はひたすら穴を掘り、長女とパパは雪だるまをつくり、意外とこっちの方がはまっている模様。そして出来た雪だるま↓

雪だるま

・・・

雪だるま作りたい!って人は、どんぐりとか木の実とか持って行った方がいいかもしれません。目が決まらないと何とも・・・人形も目が命って言うしね~

それはさておき、スコップやバケツなんかも無料で使えるのが置いてあります。ただそんなにたくさんはないので、休日に行くなら持参した方が無難かも、と言う感じ。

 

お昼ごはん

我が家は持参したお弁当をベンチに座って食べました。

スノーパラダイス内に売店はあるのですが、この日は平日だったからか閉まっていました。

我が家はキャンプ場に宿泊して金~土曜の1泊2日の滞在だったのですが、翌日の土曜は開いていたので、土日祝しか開けていないのかなと言う感じでした。

もし遊園地のレストランに行きたいと言う場合は、スノーパラダイスのチケットを見せれば再入場出来る(平日のみ)という事だったので、チケットはなくさないようにしましょう!

 

ソリゲレンデ

お昼を済ませたら、最初は怖がって行きたがらなかったソリゲレンデへ挑戦!

が、しかし問題発生。

我が家はこういうタイプ↓のソリを持って行ったのですが、これ致命的に滑らないんです。

下のちびっこソリゲレンデくらいの距離なら、そんなに滑らなくても足でこいだりして進めばすぐに下に着くけれど、50メートルもある上のソリゲレンデだと、滑らなさ過ぎてなかなか下に到着しない。

さすがの子供たちも面白くなくなってきて、周りの人が滑ってる大きいソリがいい!と主張し始める。

で結局、レンタルしました。(どうせ借りるんなら最初から借りればよかった…)

そりで滑る兄弟

ハイ!絶好調!!

子供たち大喜びで何度も何度も滑ります!

ソリを運ぶ

滑ったらエッサホイサ!エッサホイサ!と運んで、

スノ―エスカレーター

50メートルの距離も、ベルトコンベヤーがあるから楽チン♪

ちなみにこちらのソリゲレンデは、「5歳未満のお子様は18歳以上の保護者の方の付き添いが必要です」と看板に記載あり↓↓

ソリゲレンデ

なので、6歳と3歳のそり2人乗りはやっちゃいけなかったみたいです~(汗)

追記)2018年1月末に再訪した時には、この看板は設置されていませんでした。小さい子供の2人乗りしてるのもたくさん見かけたので大丈夫なようです。

振り返って

子供たちも初めてのソリ遊びに大喜びで、とても楽しく過ごすことが出来ました。

関東で積雪でもあれば別ですが、人口雪の雪遊び場だからノーマルタイヤでも全然問題なかったですし、気温も基本的には自宅周辺(さいたま市)とそう変わらないので、着て行くものにも悩まずに済みました。

(相模湖の天気はこちらから)

 

うちの子はわざと雪の上に転がったりするので、スキーウェアで正解でしたが、中には普段着に長靴の子も結構いました。

大人もスキーウェアの方、普段着+長靴(スノーブーツ)どちらも半々くらいの感じでした。(中には普段着+スニーカーなんて強者も何人かお見かけしましたが…)

しかし予想外に汚れるし濡れるので、スキーウェアor防水ウェアをおススメします。だってソリの中こんなんですよ↓↓

この泥のついた雪がやっかいで、結構汚れます。

こんなに汚すのうちの子たちだけだったのかな~?他の方のソリを見ていませんが、私も滑ってみて予想以上に雪が入って来ました。

パパがメインで子供たちと遊んで、ママは少しだけとか、カメラマンと言う感じなら普段着でもいいかもしれませんが、ママもめいっぱい遊ぶぞー!!という意気込みで行くなら、ウェアもしっかり準備して行きましょう!

アクセス抜群、ノーマルタイヤでもオッケーな相模湖プレジャーフォレストの雪遊びでした!

 

スマホの写真溜まってませんか?

1枚6円~の格安フォトプリントはこちら!

↓ ↓ ↓

しまうま写真プリント







-●家族のおでかけ

Copyright© One more Smile☆ , 2018 All Rights Reserved.