虫歯

夏休みのお出かけに、虫歯にならないようにするには!?

更新日:

夏です。

夏休みです。

旅行に、帰省に、遠出のお出かけに、

楽しみもいっぱいですね♪

でも子連れのお出かけ、

目的地に着くまでが大変じゃないでしょうか?

特に子供が0~3歳くらいの時は、なかなかじっとしてくれず。

おもちゃとか、絵本とか、

いろいろ気をそらすものを用意しても、すぐに飽きちゃう。

スマホも出来るだけ最小限にしたいですよね。

で、結局おやつ~になっちゃう。

お口に甘いものが入ってると、効果抜群!

 

でも気を付けないと、

甘いもので静かにさせてると、虫歯になっちゃいますよー!!

何を隠そう、お恥ずかしながら虫歯にさせてしまいました。

 

◆ムスコが虫歯になった夏◆

思い返せば3年前の夏。

うちのムスコは、典型的なじっとしていられないタイプで、

大好きな新幹線も、乗ったら「もう降りる!」

初めての飛行機も、おもちゃとジュースをもらったらアウト。「降りる~!」

もちろん車も30分と持ちません。「まだ?まだ?降りる~!!」

年少さんになって多少は聞き訳がよくなったとはいえ、

まだまだ待てない、じっとしていられない3歳の夏でした。

自家用車なら、まだ騒いでもいいけど、

新幹線や飛行機、電車だと、周りの目が気になるし、

騒ぎ出したら、ついついお菓子を小出しであげてました。

そう、これがいけなかったんです!!

 

その頃の私は、

虫歯になるイメージの、飴やチョコ、アイスは全くあげていませんでした。

旅行などに行く時も、

赤ちゃん向けの砂糖少なめのお菓子を持って行っていました。

「0歳の~」「1歳のから~」みたいなやつです。

それと、すぐに溶けてるから比較的虫歯になりにくい、と聞いた「ラムネ」でした。

で、移動中に騒ぎ出して、

シールとか、窓から見える景色(ショベルカーだ!とか、あっ○○だ!)とか、

いろいろ気をそらす作戦の万策尽きた頃に、

お菓子を出してました。

すぐに食べちゃうので、一つ食べたら一つ渡す。という感じで。

おやつをたくさん食べるのがいけない、

出来るならおやつは最小限にしたい、と思ってたんです。

そういうことを繰り返していた夏休み。

でも飴もチョコもアイスもあげてないから大丈夫!って思ってました。

他の同年齢の子より、

甘いものをあげてない自信があったので、安心してたのです。

◆驚愕の事実◆

それは、寝る前の仕上げ磨きをしていた時でした。

ん?奥歯に何かついてるぞ?

こんな色のもの食べたっけ?

と思いながら、念入りに磨くも取れない。

え?何これ?

ちょっと焦り始める。

でもきっと隙間に入り込んでるから、歯ブラシじゃダメなんだ。

と爪楊枝を持ってきて、掻き出そうとする。

と、取れない…

えーーーーーーーーまさか虫歯?虫歯?虫歯じゃないよねーーーーー!!!!

<続く>

 

 







-虫歯

Copyright© One more Smile☆ , 2018 All Rights Reserved.