虫歯

大人も虫歯にならないために(2)

更新日:

こんにちは、こまちです。

お恥ずかしながら虫歯を大量に作ってしまった、3人目の産後。

歯医者さん曰く、たまにそういう人いるって。

そういう人って?

詰め物してるところが、全部虫歯になってる!って人です。

はい、そうです、私のことです。

恥ずかしくて何本とは言えませんが、

みなさんのお口の中の、銀の詰め物の数だけと思ってもらったら・・・

えっ少ないじゃない!って思われた方は、優秀な歯のケアをされてきた方で、

えっ・・・!ってちょっと引かれた方は、きっと平均的な虫歯の治療をしてこられた方で、

えっ(絶句)!って言葉を失われた方は、きっと私と同じような状態の方だと思われます。

まぁとにかく、1本や2本どころの騒ぎではなかったのです。

 

◆虫歯は治療跡のところが再発しやすい◆

という事実を知りませんでした。

銀の詰め物したところって、

キャラメルとかハイチューみたいな、くっつきやすい物を食べて、

取れたりしない限りは、半永久的だと思ってました。

しかし、歯医者さんによると、

一度治療すると、ちゃんと詰め物してても隙間ができ、

そこから虫歯になることが多いとのこと。

治療したから、安心。ではないんだ・・・

だから、

最近では出来るだけ削らず、というのが治療の方針らしいです。

私が小さい頃は、虫歯が出来たら即削って詰めて、

虫歯の部分をなくす、ということが先決!って感じでしたけど、

今は少々の虫歯さんとは共存していくといえば変な感じですが、

すぐさま排除するわけではないようです。

 

◆半年強にも及ぶ治療がスタートしました◆

新たに虫歯になったのではなく、

ことごとく治療済みの銀の詰め物の部分が虫歯になってるので、

治療としては、

詰め物を外す

 ↓

虫歯を削る

 ↓

型をとる

 ↓

ペースト状のもので仮の蓋をする

までが1回で、次に来た時には、

仮の蓋を取る

  ↓

新しい型をはめる

  ↓

削ったりして微調整

で終了。

なので、1本の歯の治療に2回かかって、

しかもその予約は1週間おきにしか入れられないので、

1本に2週間かかるという。

恐ろしく長い治療期間がスタートしました。

 

◆ショックのどん底から決意したこと◆

最初は毎週、毎週の通院にうんざりしてましたが、

通っているうちに、

かえって良かったのかなと思えるようになってきました。

だって、1本や2本で終わってたら、

きっと懲りずに元の甘いものだらけの生活に戻って、

きっとそう遠くない未来に、また虫歯になって治療することになってたと思いますが、

さすがに通院している間は、自重しますし、

最低限でも歯医者に行く前は、きちんと磨き残しの無いように歯磨きしますし、

歯医者さんでも歯磨き指導してもらえるので、

少なくとも通院している間は新たな虫歯は出来ないはずだし、

その通院期間を使って、

しっかり虫歯について、学ぼうと決意しました!

 

 







-虫歯

Copyright© One more Smile☆ , 2018 All Rights Reserved.